RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
交流学習会「公園で、路上で、排除されても、また暮らす」のお知らせ

寿支援者交流会では、オリンピック関連の再開発が続いている中で、野宿生活者へ

の排除が起きている現状を現場から学んでいくために、野宿しながら暮らしている

小川てつオさんを招いて実態をみんなで知って行きたいと思います。

そのため、交流学習会「公園で、路上で、排除されても、また暮らす」を2017年

4月23日(日)に開催します。多くのみなさまに参加していただければと思います。

詳細は以下の通りです。

 

=====================

交流学習会「公園で、路上で、排除されても、また暮らす」
 

2017年3月27日に事前告知なしに宮下公園の封鎖が強行され、抗議した支援者・
野宿者が逮捕されるという事態が起きています。日々暮らすために必要な荷物を
取り戻すだけでも、多大な労力と時間がかかったといいます。
オリンピックの会場となる予定の明治公園では、度重なる排除が起きています。
現実に公園に暮らしている方から、オリンピック関連の再開発が進む中での排除
とその闘いの実際について聞いていきたいと思います。

 

日時:2017年4月23日(日)午後2時〜
講師:小川てつオさん(反五輪の会)
場所:寿生活館4階 会議室(横浜市中区寿町3-12-2、
JR石川町駅北口下車、徒歩5分)
主催:寿支援者交流会(045-641-5599・寿生活館4階)

author:寿支援者交流会, category:-, 08:10
comments(0), trackbacks(0), - -
集団生活保護申請を行いました

当会事務局長のオリジンが、事務局長を務める寿越冬闘争が2017年1月3日の神奈川新聞に掲載されました。

よろしければ、お読み下さい。劇団「野戦の月」の桜井太造さんのコメントも掲載されています。

http://www.kanaloco.jp/article/222577

 

本日(1月4日)の集団生活保護申請で、無事寿越冬も一段落です。後片付けが残っているけどね。

集団生活保護申請には18名が参加し、生活保護申請受理が13名、生活保護受給中4名、相談のみ1名という結果でした。
他市で生活保護を受給中の2名については、他市の福祉事務所や入所していた施設などと調整中で、相談は続きます。
残念ながら、相談中に退席してしまった人が1名です。

生活が安定するのはこれからなので、当分は見守りを続けて行きたいと思います。

author:寿支援者交流会, category:-, 22:01
comments(0), trackbacks(0), - -
2017年もよろしくお願いします。

寿支援者交流会の事務局長のオリジンです。

 

現在も越冬中です。

年が変わったといって、特にめでたいこともないですが、今年もよろしくお願いします。

写真は年が変わるぐらいと時の横浜駅のものです。今年もいちばん小さくされた人たちと共に年越しを過ごさせていただきました。

あと、寿越冬闘争のことが、2016年12月29日の毎日新聞に掲載されています。
よろしければ、読んでみて下さい。

http://mainichi.jp/articles/20161229/ddl/k14/040/171000c

越冬はまだまだ続きますので、よろしければ、少しの時間でも参加していただければと思います。

author:寿支援者交流会, category:-, 10:21
comments(0), trackbacks(0), - -
第43次寿越冬闘争スケジュール 2016〜2017

みなさま 寿越冬闘争実行委員会の事務局長のオリジンです。

2016〜2017の越冬スケジュールがほぼ固まったので、みなさまにお知らせします。

今年の冬は寒い冬になります。凍てつく路上で年末年始を過ごしていく仲間たち にみんなでエールを送って行きたいと思いますので、少しの時間でも参加しても らえればと思います。

 

*********************

第43次寿越冬闘争スケジュール2016〜2017

第43次寿越冬闘争実行委員会 (12月10日現在版)

 

寿越冬闘争統一オリエンテーション…2016年12月11日(日)午後2時〜 【寿生活館2階】

統一作業日…2016年12月23日(金・休) 午前9時〜【寿公園 集合】

第43次寿越冬闘争突入集会…2016年12月26日(月) 午後7〜【寿生活館4階】

*会場は【寿公園】および【寿生活館4階】です。

 

・準備 23日〜27日 厨房作り・テント設営(9時〜)

 

・2016/12/28(水)  年末年始対策窓口同行(9時〜)[中福祉・寿福祉プラザ] 準備作業(9時〜)  バザー(10時〜)

 

・2016/12/29(木) 準備作業(9時〜)   パトスープ作り(切り込み:14時〜)

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2016/12/30(金) 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)

学習会「薬物依存について」(11時〜)

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2016/12/31(土) 年越しソバ(切り込み:9時〜、配食:15時〜)

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2017/1/1(日) 餅つき(切り込み:9時〜、配食:13時〜)

芝居:さすらい姉妹(16時〜)[寿生活館4階]

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2017/1/2(月) 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)

カラオケ大会(13時30分〜15時30分)[寿生活館4階]

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2017/1/3(火) 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)

学習会「故・矢島祥子さんを偲んで」(11時〜)  囲碁・将棋大会(10時〜15時)[寿生活館3階]

各種相談(医療・法律・生活・労働) 集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

 

・2016/1/4(水) 中福祉集団生活保護申請(8時〜)

アブレ金カンパ活動(12時30分〜15時30分) 片付け

 

5日・6日 厨房・テント解体(9時〜)

 

7日(土)新春お楽しみコンサート(13時〜)

*予定は変更される可能性があります。ご了承下さい。

 

連絡先(事務局): 横浜市中区寿町3-12-2 寿生活館4階

寿越冬闘争実行委員会(事務局長 高沢)

TEL&FAX:045-641-5599 メール:orijin@mvb.biglobe.ne.jp

 

寿越冬闘争実行委員会 構成団体

寿日雇労働者組合、寿医療班、寿支援者交流会、 日本キリスト教団寿地区センター、

寿・関内夜回り仲間の会、 反戦・反差別を闘う神奈川労働者共闘、横浜水曜パトロールの会

author:寿支援者交流会, category:-, 20:11
comments(2), trackbacks(0), - -
第33回全国地域寄せ場交流会2016に120名が集まりました!

2016年9月24日・25日で行われた第33回全国地域寄せ場交流会は無事終了しました。約120名の参加でした。実行委員長を当会事務局長のオリジンが務めました。

実行委員のみなさん、参加してくれたみなさん、参加はできなかったけど、興味を持ってくれたみなさん、ありがとうございました。

昨年の9月に引き受けた時には思いもしなかった網膜剥離が今年2月に見つかり、2度の入院手術があり、実行委員会の立ち上げが、4月にずれ込んだり、入院や術後の経過で準備が中断したりで、みなさまに迷惑かけました。
今回が3回目の実行委員長でしたが、一番やりきった感がやります。
特に、最後に加藤彰彦(前沖縄大学学長)さんが「うれしい2日間だった」といってくれた時は涙が出そうでした。

1年に1度みんなが集まり、元気をもらう場、生きにくい窒息しそうな管理社会の中で空いた風穴のような寄せ場のあり方をみんなで確認する場として機能できたと思うので、本当に良かったです。
終わった後、たくさんの人があいさつに来てくれ、「精一杯みんなに楽しんでもらおうとやっているのはよく伝わってきた」「あったかい雰囲気が良かった」と言ってくれた人もいたので、思いは伝わったのだなと思いました。

来年は京都です。
これからも、何者をも排除しない場、元気をもらえる場としての寄せ場交流会は続いていくと思いますので、よろしくお願いします。

 

author:寿支援者交流会, category:-, 06:59
comments(0), trackbacks(0), - -
いよいよ今度の土日(9月24・25日)は寄せ場交流会です。

いよいよ今度の土日(9月24・25日)は寿支援者交流会が事務局団体を務め、当会事務局長のオリジンが実行委員長を務める第33回全国地域寄せ場交流会が三浦ふれあいの村で、開催されます。
当日参加も可です。準備の都合もありますので、なるべく事前連絡を下さい。まだまだ参加できます。
9月21日に神奈川新聞に告知記事が載ったので、ここ2日で十数名の申し込みがありました。

http://www.kanaloco.jp/article/200727

 

当日は楽しい会にしたいと思いますので、よろしくお願いします。

 

 

author:寿支援者交流会, category:-, 23:11
comments(0), trackbacks(0), - -
全国地域・寄せ場交流会2016のお知らせ

みなさま

寿支援者交流会が幹事団体を務め、事務局長のオリジンが実行委員長を務める第33回全国地域寄せ場交流会の詳細が決まりましたので、お知らせします。

9月24・25日(土・日)に神奈川県・三浦ふれあいの村で行います。
お時間の取れる方は是非参加して下さい。
また、多くの方にご紹介下さい。

 

なお、実行委員会の連絡先は以下の通りです。


第33回全国地域・寄せ場交流会2016 神奈川実行委員会
[現地実行委員会 事務局連絡先]
231-0026 横浜市中区寿町3−12−2 寿生活館4階
 寿支援者交流会気付 実行委員長 高沢 幸男
E-mail:orijin@mvb.biglobe.ne.jp

=====================

第33回全国地域・寄せ場交流会2016神奈川
ご案内 第2報
実行委員長 高沢 幸男

全国のみなさま

今年は台風の当たり年でたくさんの台風が来ています。また、非常に暑い夏で残暑が厳しいおりですが、体調をくずしていませんか?今年の全国地域・寄せ場交流会は、暑さが和らぎ始める9月の終わりに神奈川で行います。みなさんの元気な顔を是非みせていただければと思います。

今年の全国地域・寄せ場交流会は、来年8月で期限を迎えるホームレス自立支援法の役割について、「ホームレス自立支援法失効目前!〜生活困窮者自立支援法は絶対的貧困者に対しても有効か?〜」をメインテーマに、様々な交流を行っていきたいと思います。
そのため、全体会としてはホームレス自立支援法の有効性についての実態調査を行った大阪の地域・研究アシスト事務所の四井恵介さんからホームレス自立支援法の果たしてきた役割について報告してもらいます。現場からは北海道という寒い地域でハウジングも含めて自立支援相談を行っているコミュニティワーク研究実践センターの湯澤真吾さん、大阪・釜ヶ崎で仕事づくりまちづくりを実践している釜ヶ崎支援機構の松本 裕文さんから報告をしていただきます。
三者三様ですが、みなさん豊富な実践をお持ちの方なので、今後の活動の参考にしていただければと思います。


今年の4月には熊本大震災が起きおきました。急な震災で家を失い、ライフラインを失うという状況が起きてきています。特に被災した場合はより甚大な被害が困窮者に降りかかります。復興の現状を公益財団法人 共生地域創造財団から報告してもらいます。

分科会では、神奈川では行政との協働の取り組みをしていますので、教育委員会の指導主事にも参加してもらい、普段は聞けない行政の取り組みなども聞いた上で、違いを超えて支援活動をやっていける分科会も用意してあります。
例年各地で行われる仕事作りや子どもやアディクションの分科会も用意しています。この分科会では、報告者に最近はじめた新しい取り組みからの報告もお願いしています。
生活困窮者が活用する生活保護については、減額の影響というテーマで、利用者に与えた影響について話し合う分科会や金銭管理・居宅後の生活ということで、権利保障のために必要なことについても話し合っていきたいと思います。
東京オリンピックを前に排除が激化する可能性があります。報告者は調整中ですが、排除に対する取り組みを報告する分科会も用意しています。
特別分科会として、「寿の昔の話しを聞く会」と題して、前沖縄大学学長の加藤彰彦(野本三吉)さんをお招きして、70年代から現代に続く生きにくさについて考えていきたいと思います。
いずれの分科会でも、自由闊達な情報交換・意見交換をしていただければと思います。

今年の全国地域・寄せ場交流会は交流をもう一つの柱に据えたいと思います。そのため、夕食はバーベキューをすることにしました。火起こしなどもあるので、我はと思う仲間はご協力下さい。

「努力した者が報われる社会」といわれますが、そもそも努力する条件を与えられていない、自分が幸せであることを夢見る状況にない絶対的困窮者にはどのようなことが必要なのかも含めて、みんなで意見交換をしていければと思います。
ともあれ、多くのみなさんの参加をお待ちしていますので、神奈川の地でお会いできればと思います。

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
第33回全国地域・寄せ場交流会2016 神奈川実行委員会
[現地実行委員会 事務局連絡先]
231-0026 横浜市中区寿町3−12−2 寿生活館4階
 寿支援者交流会気付 (実行委員長 高沢 幸男)
TEL&FAX:045-641-5599 E-mail:orijin@mvb.biglobe.ne.jp
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 

第33回全国地域・寄せ場交流会の詳細

1.    日時:2016年9月24日(土) 13時受付開始
〜9月25日(日) 12時30分 閉会予定
終了後 オプションツアー 上映会 予定

 

2.    開催場所:YMCA三浦ふれあいの村 やまびこ棟
神奈川県三浦市初声和田3136 TEL:046-888‐2100(代表)
http://www.yokohamaymca.org/fureai/
※なお、会場の駐車場は台数制限がありますので、駐車場利用希望者は事前に連絡を下さい。希望者多数の場合は近隣の駐車場を利用してもらう可能性があります。

車をご利用の場合
横浜横須賀道路「衣笠インター」より「三浦縦貫道」へ
三浦縦貫道終点から国道134号を三崎方面へ
国道134号「長浜海岸入口」交差点を右折後2分

公共交通機関をご利用の場合
京浜急行線「三崎口駅」下車
3番バス乗場より「横須賀駅」「荒崎」「市民病院」「長井」行きに乗車、「和田」バス停下車
「和田」バス停下車後 徒歩15分


3.    タイムテーブル
(若干の変更の可能性があります。ご了承ください)

2016年9月24日(土)
13:00〜     受付開始
13:30〜13:45    入村式
13:45〜15:45    全体会(1)
    休憩・移動
16:00〜17:45    分科会(1)
    休憩・移動
18:00〜20:00    夕食
20:00〜22:00    懇親会
22:00〜    就寝
    
2016年9月25日(日)
7:30〜8:30    朝食
8:30〜9:00    部屋の片づけ・移動
9:00〜11:00    分科会(2)
11:10〜12:30    全体会(2)、アピール
12:30    閉会予定

オプション上映会
終了後 映画「山谷 〜やられたら、やりかえせ〜」(予定)

オプションツアー
寿地区案内 その他 神奈川県内の支援団体など



4.    スケジュール

・全体会(1)
「ホームレス自立支援法失効目前!
〜生活困窮者自立支援法は絶対的貧困者に対しても有効か?〜」

2002年8月に施行されたホームレス自立支援法は、時限立法であり、2012年に5年間の延長になったものの、2017年8月には期限を迎えます。現在の困窮者施策は生活困窮者自立支援法で行うということになっていますが、「最低限度の生活を維持することができなくなるおそれのある者をいう(2条「定義」)」という法律が、住居さえ失うほどの困窮者に対して、「おそれのある者」対策が有効なのでしょうか。
四井さんは実態調査からみえてきたホームレス自立支援法の意義を、湯澤さんからは札幌・岩見沢で行っている実践について、松本さんから大阪・釜ヶ崎でのまちづくりについて話しをしてもらいます。

パネラー:
四井 恵介さん(有限会社地域・研究アシスト事務所)
湯澤 真吾さん(NPO法人コミュニティワーク研究実践センター)
松本 裕文さん(NPO法人釜ヶ崎支援機構理事兼事務局長)


・分科会(1)・(2)

第一分科会 仕事作り
報告 安江 鈴子さん(NPO法人BeingDoing 旧:ホームレス資料センター)
+ 自転車修理いむら商会(http://imurabicycle.wordpress.com/)のみなさん

NPO法人ホームレス資料センター、あらためNPO法人BeingDoingは、仕事を通じて仲間作りをしたいと考え、2016年6月から自転車修理のお店をやっています。この仕事に携わっている方たちは、2004年から5年間実施された東京都と特別区による「3000円借り上げアパート事業」の利用者がほとんどです。「仕事を通じた仲間作り」はどのようにすれば可能なのかをみんなで考えたいと思います。


第2分科会 アディクション
報告 一日目 村田 由夫さん(NPO法人寿アルク 理事長)
二日目 野末 浩之さん(うしおだ診療所 副院長)

アディクションの分科会では、依存症問題に長く関わってきて村田さんからアルコール依存症について、野末医師からキャンブル依存症についての報告を受けて行きます。


第3分科会 襲撃・排除
報告 一日目 横浜市教育委員会(予定)
二日目 排除についての報告 報告者調整中

野宿生活者への襲撃は現在も続いています。教育委員会として野宿生活者の訪問を行ったり、市内全ての学校で人権教育を行っている実践について横浜市教育委員会から報告してもらいます。
また、公園などからの排除も行われています。排除が襲撃を誘発する事実もあります。排除との向かい合い方などについても考えて行きたいと思います。


第4分科会 生活保護の引き下げの影響
〜居宅・無料低額施設等の現状について〜
報告 松本 和史さん(ポルト湘南・茅ヶ崎 施設長)
コメント 笹沼 弘志さん(静岡大学教員)

生活保護引き下げが実施され、最低生活が引き下げられる状況が起きてきています。最低生活費が引き下げられる中で、居宅で暮らす仲間、無料低額施設で暮らす仲間に変化が起きてきています。
また、全国27箇所では生活保護引き下げ取消訴訟を行っています。
その変化について、権利保障の観点から話していただきたいと思います。


第5分科会 子ども
コーディネーター 石井 淳一さん(ことぶき学童保育 指導員)
報告 山口 光司さん(八王子子ども食堂 代表)

子どもの取り組みについて、寿で長く実践してきている石井さんをコーディネーターに、野宿生活者の訪問活動に参加している大学生を中心に立ち上げた八王子子ども食堂の実践なども踏まえて、意見交換をしていきたいと思います。全員が報告書として各地の実践を交流していければと思います。多くの人と交流したいので、ぜひ参加して下さい。


第6分科会 金銭管理・居宅後の生活
報告 鳴海 美和子さん(ワーカーズコープセンター事業団 神奈川)

野宿から生活保護になったからといって、その人の抱えている課題は変わりがありません。横浜市中区で金銭管理を通じて居宅生活を支えているワーカーズコープからその実践を報告してもらいます。


第7分科会 寿の昔の話を聞く会
報告 加藤 彰彦さん(沖縄大学前学長、元寿生活館職員)

1970年代を中心に寿地区の人々の暮らしを支えてきた加藤彰彦さんから、昔の寿の話しをしてもらいます。その中で、現代にも共通する生きにくさなどについて考えていきたいと思います。


・全体会(2)
特別報告:熊本大震災復興の現状
報告 公益財団法人 共生地域創造財団

分科会報告
各分科会から数分程度で報告をしてもらいます。

アピール
各団体からアピールの時間を取りたいと思います。アピールしたい団体は実行委員会まで申し込みをお願いします。


5.    費用
参加費:2,000円(1日だけの参加、2日ともの参加のどちらでも)
宿泊費:2,000円
食 費:2,000円(夕食代、朝食代ほか)
*野宿当事者の方は参加費他の費用を一切免除します。
学生割引、生活保護者割引も行う予定です。詳細はお問い合わせ下さい。

?
6.    申し込み締め切り
・一応の締め切りは 2016年9月15日(木) とします。

・当日参加も可ですが、準備の都合もありますので、可能な限り事前に速やかに申し込んで下さい。
・参加者名簿には氏名・性別・年齢などを記入していただくことになっています。会場の利用申し込みに必要ですので、可能な限り協力して下さい。もちろん、任意ですので、記入したくない部分は未記入でも結構です。性別・年齢などの個人情報は会場への利用申し込み以外には利用しません。(65歳以上の方や「障害手帳」をお持ちの方は宿泊施設の利用料減免がありますので、教えていただけると幸いです)


7.    持ち物
・ 上履き
・お風呂に入る方は、シャンプーなどの洗面道具を用意して下さい。
・体調がすぐれない方は医療受診に必要な保険証などをお持ち下さい。


8.    注意事項
・当日は6団体で施設を利用します。他の団体と調整しながら施設を使いますので、ご協力をお願いします。
・消灯は23時になっています。消灯時間以降は静かにお過ごしください。
・施設内は禁煙となっていますので、指定場所での喫煙にご協力下さい。


9.    その他
寄せ場交流会は、できるかぎり誰もが参加しやすい場でなければならないと思っています。そのため、遠方から来られる方には交通費補助を出し、野宿当事者の方は参加費・宿泊費などを免除します。ご希望の方は実行委員会にその旨お伝えください。
セーファースペースの設置なども検討しています。ご意見やご協力をお願いします。
残念ながら、会場はバリアフリーになっていません。体の不自由な人の移動などには、参加者のみなさんのご協力で対応をしていきたいと思います。
誰もが参加しやすいようできるかぎり配慮をいたしますので、他に何かご希望・ご意見がありましたら、実行委員会にご相談ください。

以上

 

author:寿支援者交流会, category:-, 18:18
comments(0), trackbacks(0), - -
反貧困ネットワーク神奈川 学習会 「経済的理由で進学をあきらめないために 〜奨学金や その他の経済的支援制度〜 」のお知らせ

みなさま

寿夏祭りお疲れ様です。
寿夏祭りに参加してくれた方も、参加できなかった方も興味を持ってくれた全ての仲間に感謝します。

 

来週の木曜日8月25日(日)に神奈川県司法書士会館で、反貧困ネットワークかながわ主催の学習会「経済的理由で進学をあきらめないために〜奨学金やその他の経済的支援制度〜」が開催され、事務局長の高沢も少し話しをさせていただきます。興味のある人は是非聞きにして下さい。
告知記事が新聞の地方版に載っています。

毎日新聞2016年8月17日 「生活困窮世帯の進学をサポート 25日、中区で」
http://mainichi.jp/articles/20160817/ddl/k14/040/216000c

神奈川新聞2016年8月18日「貧困世帯の対象、支援制度知って 25日横浜で学習会」
http://www.kanaloco.jp/article/193718


詳細は以下↓の通りです。

 

反貧困ネットワーク神奈川 学習会
「経済的理由で進学をあきらめないために
〜奨学金や その他の経済的支援制度〜 」

日時 2016年8月25日(木)
18:15  開始(受付17:45〜)

予約不要,先着順。費用は無料です。

反貧困ネットワーク神奈川では,貧困にかかわる問題や,貧困・生活困窮を原因として生じている各種の課題について研鑽を積み,広く社会に呼びかけていくため,不定期に学習会を開催しています。

今回,当ネットワークでは,生活保護を受給するなど
生活困窮世帯で学業に励んでいる子どもたちの進学について,実現するためのポイントや,どのようなサポートがあるか,奨学金を利用する場合の注意点などをテーマに,学習会を開催することにしました。

講師には,横浜市中区の寿地区で,子どもの教育や生活に長年にわたり関わり,サポートしてこられた方と,法律の専門家である弁護士を招きます。
今回の学習会は,学校の夏休み時期である8月に開催しますので,現に学校に通学し,進学について考えている児童・生徒の方にも,ぜひ,ご参加いただきたいと思います。


講師

山埜井 聖一  さん ことぶき学童保育指導員

高 沢 幸 男  さん 寿支援者交流会事務局長
岩 重 佳 治 弁護士  奨学金問題対策全国会議事務局長

 

会場

神奈川県司法書士会
〒231-0024
横浜市中区吉浜町1番地 TEL:045-641-1372
JR石川町駅北口(中華街口)徒歩1分

 

<お問い合せ>

反貧困ネットワーク神奈川 事務局(事務局長 弁護士 西村紀子)
〒244-0003 横浜市戸塚区戸塚町4808 トヨダビル2階 横浜みなみ法律事務所 内
電話 045−861−7411(担当:西村)

 

author:寿支援者交流会, category:-, 17:32
comments(0), trackbacks(0), - -
寿夏祭り2016のお知らせ

みなさま

当会の事務局長のオリジンが、事務局長を務める寿夏祭りのスケジュールが決まりましたので、お知らせします。
ただスケジュールは変更になることがありますので、ご了承ください。

お盆は正月と並び田舎に帰る時期とされています。しかし、寿には田舎に帰らない仲間・帰れない仲間が多くいます。
その仲間たちと一緒に手作りの祭りで、お盆を過ごしていきたいと思います。
特に最近では活動に関わっている仲間の中にも亡くなる仲間が多くなってきています。
そのような仲間にみんなで思いを馳せる祭りを行っていきたいと思います。

=======================

寿夏祭り2016
*今年のメイン会場は寿公園です*

唄え 踊れ 天地のひびき
いのちを結ぶ 盆踊り

-------
寿夏祭りは、舞台や会場作りから片付けまで、すべて仲間たちで行なう手作りの祭りです。
皆さんの参加とご協力で続けていける祭りです。
御輿の担ぎ手と盆踊りの踊り手も大募集です!
お盆の時期を寿の夏祭りでともに過ごしましょう。
-------

■スケジュール
*変更になる場合ございますので、ご了承下さい。

8月11日(木)
○炊き出し 13:00〜
○映画「どっこい!人間節 寿・自由労働者の街」
上映とお話し(野本三吉さん、渡辺孝明監督)
*寿生活館4階  開場15:00/開始15:30

8月12日(金)
○舞台会場作り 9:30〜
○出店 15:00〜19:00
○寿町フリーコンサート
(Kotobu☆kids、遠峯あこ、寿[kotobuki]、南正人)
*寿生活館4階  開場15:45/開演16:00

8月13日(土)
○山車・御輿  集合12:30/出発13:00
○出店 15:00〜19:00
○子ども行事(スイカ割り、相撲)15:00〜
○仲間の店 16:00〜
○フラダンス 17:00〜
○カラオケ大会 17:30〜

8月14日(日)
○実行委員会からの出し物 14:00〜
○出店 15:00〜19:00
○歌謡ショー 15:30〜
○仲間の店 16:00〜
○盆踊り 17:00〜

8月15日(月)
○舞台・会場片付け 9:30〜
○徳恩寺物故者供養/施餓鬼 14:00〜
○寿エイサー 集合17:00/出発17:30

*全日程、片付けを含め20:30までに終了します。

---------------------
寿夏祭り実行委員会2016
横浜市中区寿町3-12-2 寿生活館4階
TEL&FAX:045-641-5599
mail:orijin@mvb.biglobe.ne.jp(事務局長・高沢)
---------------------

 

author:寿支援者交流会, category:-, 06:37
comments(0), trackbacks(0), - -
第42次寿越冬闘争スケジュール(2015〜2016)

みなさん

寿越冬闘争実行委員会の事務局長のオリジンです。
現在のところの越冬のスケジュールをお知らせします。

全ての相談機関がその門を閉ざし、孤立しやすい困窮者と寿を結んで、一人の野垂
れ死にを出さない闘いとして寿越冬闘争が、今年も行われます。
少しの時間だけでも参加いただければと思います。
参加できない方も覚えて、ご協力いただければと思います。

==================================

第42次寿越冬闘争スケジュール2015〜2016
第42次寿越冬闘争実行委員会 (12月9日現在版)

・寿越冬闘争統一オリエンテーション
日時:2015年12月13日(日)午後2時〜 
場所:寿生活館2階

・統一作業日
日時:2015年12月23日(水・休)午前9時〜
場所:寿公園 集合

・第42次寿越冬闘争突入集会
日時:2015年12月26日(土) 開場:午後6時 開始:午後6時30分〜
場所:寿生活館4階

・12月23日〜27日 準備作業・厨房作り・テント設営(9時集合)

・12/28 年末年始対策窓口同行(9時〜)[中福祉・寿福祉プラザ]
 準備作業(9時〜)  バザー(10時〜)

・12/29 準備作業(9時〜) パトスープ作り(切り込み:14時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・12/30 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)
学習会「依存症について」(11時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・12/31 年越しソバ(切り込み:9時〜、配食:15時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・1/1 餅つき(切り込み:9時〜、配食:13時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
芝居:さすらい姉妹(16時〜)[寿生活館4階]
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・1/2 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
カラオケ大会(13時30分〜15時30分)[寿生活館4階]
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・1/3 炊き出し(切り込み:9時〜、配食:16時〜)
各種相談(医療・法律・生活・労働)
学習会「故・矢島祥子さんを偲んで」(11時〜)
囲碁・将棋大会(10時〜15時)[寿生活館3階]
集約会議(19時〜) パトロール(21時〜)

・1/4 中福祉集団生活保護申請(寿公園集合:8時)
アブレ金カンパ活動(12時30分〜15時30分)

・5日・6日  厨房・テント解体(9時〜)その他片付け

・9日(土)  新春お楽しみコンサート(14時〜)[寿生活館4階]

*予定は変更される可能性があります。ご了承下さい。
メイン会場は【寿公園(横浜市中区寿町3‐9‐4)】
および【寿生活館4階】になります。

*寿越冬闘争実行委員会 構成団体
寿日雇労働者組合、寿医療班、寿支援者交流会、
日本キリスト教団寿地区センター、寿・関内夜回り仲間の会、
反戦・反差別を闘う神奈川労働者共闘、横浜水曜パトロールの会

*連絡先(事務局):
横浜市中区寿町3-12-2 寿生活館4階
寿越冬闘争実行委員会(事務局長 高沢)
TEL&FAX:045-641-5599 メール:orijin@mvb.biglobe.ne.jp

================================

ご協力よろしくお願いします。

越冬スケジュール

author:寿支援者交流会, category:-, 12:27
comments(0), trackbacks(0), - -